車 長距離 買い替え|そのまま持って行ってもらいました

私の生活圏は辺鄙な所で、車買い取りだけをやっているお店はありません。引き取りしてくれるのは、自動車ディーラーかガソリンスタンドだけです。

5年ほど乗った愛車を売った時には、どこでも同じだろうと地元で査定見積もりしてもらいました。その結果、可愛がって乗ってきた愛車が30万ほどの見積もり額にガッカリしました。

ということもあり、ネットで見つけた査定サイトで試しに査定してもらうことにしたところ、想像以上の高額で買ってもらえました。ネットの一括査定の依頼で出張査定を依頼することになったのは、どちらもインターネットやテレビなどで名の売れた買い取り業者でした。所用があったため、午前と午後に1社ずつ査定見積もりしてもらうことにしました。午後に来られた業者の方はさわやかな方で、この車種でこのボディカラーを求めている人がいるのでぜひ買い取らせてもらいたいとおっしゃいました。査定の結果は40万円と10万の差もあって、そのスタッフさんに売ろうとすぐに決断しました。その業者のスタッフは買う気マンマンだったらしく、輸送用のクルマのを手配して来られていたようでそのまま持って行ってもらいました。手間がかかると勝手に思っていたのですが、地元の業者よりも手間がかかりません。なんといっても、面倒な手続きはみんなやってもらうことができ、相場以上となる40万となり、ネットの一括査定を使って本当に助かりました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 長距離 買い替え|珍しい車などは高額が付きやすく

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買い取って貰えました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。売れているクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、馴染みの深い車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。ただそれは特に外国においての話でした。今日本の車は海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。私が思うに、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。

今回売った車も日本のメーカーですが、もしかして海外で使って貰えるのかもと思ってみると楽しさが膨らみます。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。車を売るときは、そのクルマを失う悲しさもありますが、高値の買い取りや新たな乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしも可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、いづれにせよ可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、需要と供給がバランスよくなっているんだなと思いました。日本では、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.