車 買い替え 関係|クルマを引き取るような

今回売ったクルマなのですが1年ほど前に買った中古車です。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を探していましたが、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、トラブルが次々発生し、とうとう半年で売却することにしました。家の近くの車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても20万が上限とのことです。この自動車は半年前に70万出して買いました。これを計算すると、半年50万程度も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある人気の買い取り業者に査定してもらいました。査定の結果としては、26万となりましたので買い取ってもらうことができたのです。複数業者の査定では6万もの差が出たのです。とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売却することになったかもと思うと助かりました。このまま買い取りしてもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。ですので、後日来られる際に輸送代を取られてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から伝えておくべきだったなと少し後悔しています。次回があれば、そういったことにも気を付けようと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え 関係|大切な記憶がぶり返してきます

珍しいクルマを買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。考えていた以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そこの情報では予想に反して、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気車種などが高額で買い取ってもらえるそうです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣も関係していると思います。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と言い切れます。今回の車買い取りを依頼したのも国産車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもしれないと思うと夢が膨らみます。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。クルマを売ってしまうときは、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしも可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときにはクルマを売りたいとする次のオーナーもいて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、今後も良質な中古車が欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.