車 買い替え 時期|しかしそれだけでは

長年乗り続けた愛車を、もうすぐ来る車検のまえに売却することになりました。若干飽きていたのに加え、新車の匂いが懐かしいといった思いが強くなってきたからです。

今までに比べて、低燃費の車種が多くなってきておりガソリン代も節約できてOKです。出来れば高値で買い取って欲しい、そういった思いが艶かったので、評判の買い取り業者を調べてみました。すると無料の査定比較サイトを使った後で、売却を決めている方の多くが、そこで出された査定額に満足されていることが判りました。

いままでは、買い取り業者に伺って、買い取り査定をしてもらうというのが当たり前でした。しかしそれだけでは、提示された査定金額そのものが適切なのか、素人である私達には判断が出来ません。でも一括の査定サイトを使ったら、厳選された買い取り業者の中でも一番高い金額を提示してくれた業者さんに売却できるという良さがあるのです。早速私も、車種や年式や色などを入力して複数業者に査定を依頼してみたところ、目が飛び出るような査定額がつけられたので、びっくりぽんです。直ちに連絡して出張してもらって交渉したところ、クイック査定で表示された金額と殆ど変わらない金額で買い取って貰えたのです。ネットで査定をしていなければ、そう考えるだけで冷や汗が出るくらいです。

私の場合ですが、想像できなかった高値で売却できたので嬉しかったです。いきなり車の売却というと、決心がつかないという方もおられるでしょうから、まずは気軽に相場を調べるところから始めてみるのも良いでしょう。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え 時期|約1時間と聞かされていましたので

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを乗換のため売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっていたのです。それまで下取りしか利用したことがありませんが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りはやめる方向とし、専門の買い取り業者に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで比較してみたところ、査定額にものすごい差がありました。8社で査定を受けたのですが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。最初は76万の業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも3社とは訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてあったと思います。

3社での見積もりが必要な理由は、実際のクルマをみてもらうことで、はっきりした査定額が判るからです。ネット上でも概算額はわかりますが、参考的なものであり決定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来ていただきました。

出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定を受けることにしました。目視での査定の結果、概算査定額2位だった業者が1位の業者を逆転して、最高金額を提示してくれたのです。比較サイトでは70万未満の査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.