車 買い替え 周期|戻す方法はないか見ていたら

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分が白くなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、白い部分が妙に目だちやけにボロ車に見えてしまうのです。一応洗っては見ましたが査定をやってもらうと、ボディの一部の色が査定価格に影響があると言われました。

カー用品があるお店に行ってボンネットの白色を戻す方法はないか見ていたら、手軽に艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。すぐにそれを使ってみたところ、驚くほどキレイになりました。隣のおじさんには新車にしたのかと言われるくらいの仕上がりでした。もう一回査定をしてもらったところ、前回よりも金額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどう出るかと思いましたが、思いよりも高く評価されました。気にしていたあの部分も何か言われることもありませんでした。白く感じたボンネットも前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層綺麗にすることが出来たのが良かったようです。

車買い取りを利用する時は、ボディを磨いておくなどキレイにしておくとよいでしょう。またボディが白くなっている時等は、艶出しワックスなどでメンテしておくと相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップと艶出しの為のワックスなどの費用とを比較してみて、お得と感じたら手入れするのも良いと思いませんか。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え 周期|本当の査定額がわかるからだそうです

新モデルの登場と時期を合わせて、旧型の愛車を売却しようと考えていました。載っていた車はディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車買い取り業者と比較しても15万円位安い見積もりになるところでした。

今まで買い取り業者とかはやっていませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用して見たところ、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りは依頼しないことが決定し、車買い取り業者に売ることになりました。

クルマの一括査定サイトなどで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトでは複数の業者に訪問見積もりを受けたほうがいいと記載されていました。複数の業者に査定してもらう理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、目安でしかなく確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来ていただきました。出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、休日にまとめて査定を受けることにしました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位のお店が1位の査定額を抜いて、最高の査定額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った査定額だったのですが、それ以上の業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.