車 買い替え 印鑑証明|1日お待ちくださいとのこと

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに所有台数を減らして経費節減をするというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。出張査定でも無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。ですが私のような素人には今の車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、いろいろな項目に入力しネット通信していました。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。その後もう1社の方が査定に来ましたが、66万円という査定額でした。他では70万以上の査定額だったこと、希望額は80万と言ってみましたが、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え 印鑑証明|買い取り業者があり

就職が決まったお祝いとして、両親がプレゼントとして車を買ってくれました。仕事に行くようになってからは、この自動車に乗って通勤しておりました。ところが本社へ転勤する事が決まり、車をもっていくかどうかで悩んでいました。

都市部以外であれば車は、必須項目で欠かすことができません。一転交通網の発達している都心部においては、自動車がなくてもさして生活に影響や支障が出る要素はありません。車を所有すると駐車料金や維持管理費を考えた場合、経費的にも負担が大きくなってしまうので思い切って売ってしまうことにしたのです。

自宅近くにあった、大手の車買い取りショップの店舗があったと思いだしたのでそこを訪れ、査定見積もりをしてもらいました。予想を大幅に下回る金額がつけられ、思わず落胆してしまったのでそこでは保留にしておき、もっと高く買ってくれるところがないかを探そうと思ったのです。

するとネットで査定サイトがあるようなので、査定を依頼してみました。車種年式グレードなどを入力してボタンを押すと、複数の買い取り専門店が査定額を出してくれます。1回の入力で複数の登録が一括でできるので、時間を掛けずにできるのは魅力です。早速調べてみたところ、一番の高値を提示してくれた買い取り業者があり、そちらに売却することにしました。

複数業者の査定を受けたので頂いた金額とは大きかったので、ネットの査定サイトを利用してとても助かりました。交渉したので、予想以上の高値で引き取ってもらえました。車を買い替えるなどあれば、査定サイトを使うことをオススメしますよ。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.