車 買い替え 代車|ですが喜んで乗り始めたのは良かったのですが

今回売却した自動車は昨年末に中古で買ったクルマです。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで買い替えを考えました。職場の近くの車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、せいぜい20万とのことです。

この自動車は半年前に70万円で購入しました。単純計算では、半年間で約50万も減らしてしまったということになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある大手の買い取り業者に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。

それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、それ以上に安く売却するはめになっていた可能性もあっただけに助かります。

この状態で持っていくつもりでしたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日来られたときには輸送代を取られてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え 代車|国産車ですが想像すると

あまり出回っていない珍車を売却したら、想像以上の価格で買い取ってくれました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そのページに書かれていた内容では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気車種が高値で売却できるとあったのです。ただそれは海外に向けての話のようでした。日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、物を大切に取り扱う習慣も関係していると思います。日本人の私は、日本の車は世界レベル以上と言い切れます。

今回売却したクルマも国産車ですが、想像すると海外で使って貰えるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を失う悲しさもありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所でスタンバイしているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。海外か国内かもわかりませんが、何れにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

この日本において、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.