車 買い替え 乗りつぶす|しかし楽しく乗れたのも少しだけで

今回車買い取りをしてもらった車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツカーに憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと探していましたが、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、トラブルが次々発生し、購入から半年ほどで手放したくなりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。

このクルマを私は6カ月前に約70万で購入したのです。これを計算すると、半年50万程度も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に比較のために査定をお願いしました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、6万円低い額で売却するはめになっていたかもと思えば助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、自動車を運ぶような考えではなかったようです。そんなこともあり、後日取りに来てもらうため輸送賃がかかってしまいました。もしも売却するつもりならば、最初に言っておくべきだったと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え 乗りつぶす|日本のクルマは世界で一番と

珍しいクルマを売りに出したら、思わぬ価格で買ってもらえました。思った以上でかなり高値で買い取って貰えたのです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットでチェックしたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。しかしある情報では予測通り、みんなが知っているクルマや人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人が使用していたからもあり、物を大事に扱うといったことも影響しているのでしょう。私が思うに、日本のクルマは世界で一番と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもと思うとドキドキした気持ちになります。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り価格のことや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしも可能なら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな場所で毎日いるのかなど、売った後も考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、どこであっても可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんでしょうね。

豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.