車 買い替え メーカー|クルマの査定を受ける前には

前に乗っていたのは、ボンネットのところがなぜか白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白い部分が際立ってしまいボロボロの中古車に見えてしまうのです。洗車も一応しましたが査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが査定額に影響があるようです。

ショップに行ってボンネットの色を戻せないか考えていたところ、簡単に艶を出す事が出来る商品がありました。すぐにそれを使ってみたところ、艶が出ていい感じになりました。親父からはいくらかかったと聞かれたほどです。

もう一回出張査定見積もりをやったところ、前回とは見違えるくらいアップです。年数も経っている車なのでどうなるのかと思っていましたが、思いよりも高く評価が出てよかったです。勿論ボディの色に関しては何ら指摘される事はありませんでした。白っぽく感じた色も前の色に戻すこともできたし、それまでよりも艶やかな感じにすることが出来ました。

クルマの査定を受ける前には、車を掃除するなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定額がアップすることと艶を出すためのワックスなどの費用とを比較するなどして、お得そうだったらキレイにするのもありですね。1000円程度のワックスで、査定額は数万円アップしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え メーカー|そういったこともあって

今回売却した自動車は少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していたところ、職場の近くにある中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、喜びもつかの間、次々とトラブルに見舞われ、購入から半年ほどで手放したくなりました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、よくて20万とのことです。私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で失ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、友人が売っていた有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万円までアップし買い取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、それ以上に安く売却するはめになっていたかもと思えば助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く考えではなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと反省しています。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.