車 買い替え ナンバープレート|本当の査定額が判るからです

お気に入りの車種の新モデルと同時に、所有している自動車を乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、期待した査定額とは離れており、クルマの買い取り店と比べると15万円以上も安い額になっています。

これまで下取りだけしか利用していませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額の違いに驚きました。それにより下取りはやらないことにして、自動車買い取り店に売却しました。

クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。複数の業者で査定を受けましたが、32万~76万まで金額にバラつきがあったのです。当初は76万円の業者1社にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも2社できれば3社には無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていました。3社で相見積もりを取る理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額が判るからです。ネット上で判る査定額は、参考値でしかなく詳細は車によって異なります。そこで3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

出張査定の時間は1時間程度と言われたので、集中的に出来る日に査定をお願いしました。査定してもらった結果、概算査定額2位の買い取り業者が1位の査定額を抜いて、一番高い金額を提示してくれました。ネットでは70万を切った査定金額だったのですが、5万以上高い業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え ナンバープレート|つもりだったのですが

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を探していましたが、遠方にある知り合いの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、とうとう半年で手放したくなりました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。このクルマを私は6カ月前に70万円で購入しました。単純計算では、半年で50万円も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった人気の買い取り業者に査定してもらったのです。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらえました。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。

それでも44万円目減りしたことには違いはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円損した感じで売却することになったかもと思うと助けられたとも言えます。そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような考えではなかったようです。ですので、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと反省しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.