車 買い替え タイミング 13年|集中的に出来る日に

新型の発売に合わせて、今のクルマを売ろうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りしてもらおうと思っていましたが、思いのほか安かったし、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっていました。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことはなかったですが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。それにより下取りはしないことにして、専門の買い取り業者に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで確認してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万から76万まで査定額にバラつきがありました。最初は76万の業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトには少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと記載されていました。

3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、確定の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで早速3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、集中的に出来る日に査定してもらいました。査定の結果、ネット査定額2位の査定士さんが1位の査定額を抜いて、最高の査定額を出してくれました。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え タイミング 13年|車が仮になくっても

就職も無事決まったので、両親から車をプレゼントされました。大学を卒業した後は、この自動車に乗って毎日通勤していたのです。先日本社への転勤が決まり、車をどうするかで頭を悩ませてしまいました。

田舎であれば自動車は、持っていないと必ず困ります。ですが交通網が整備されている街中では、車が仮になくってもさして生活に影響や支障とはなりません。車を持てば駐車場代や維持管理費用もあるので、経費的にも負担が大きくなるので思い切って売ってしまうことにしたのです。

自宅近くにあった、大手買い取り業者さんの店舗があったのでそこを訪ねて、査定をお願いしました。結果驚くほど安い査定額がつけられ、ショックのあまり返答もできずに帰宅したあと、もっと高く買ってくれるところがないかを調べてみたのです。

するとネットで査定できるようなので、見積もりを取って貰う事にしました。車種や走行距離等を入力し検索すると、いくつかの買い取り業者が概算の見積もりを教えてくれます。一括査定出来るので、手間や時間を大幅に節約出来るのも魅力的です。そうして出た結果、希望以上の高値だった買い取り専門店があったので、そちらに売却することにしました。

実際に査定してもらった金額とは大幅な開きがあったので、比較サイトを利用して良かったです。交渉もできたので、思っても見なかった高値で買い取って頂きました。自動車を売る場合があれば、査定サイトを使うことをお勧めします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.