車 買い替え スタッドレス|買い取りの見積もりをお願いしました

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた自動車を売却することになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らしてコストを減らそうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが私には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定結果は70万ちょっと。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると本社と交渉するので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その直後に最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え スタッドレス|想像以上の価格で

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で売ることができました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そこの情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。そのサイト以外では、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く売れやすいとありました。でも条件も書いてあって海外輸出向けみたいですね。日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、丁寧に乗っているだろうということも関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と信頼しています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、想像すると外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で使ってもらえるのはいいですね。

クルマを売ってしまうときは、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高く売れないかや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、何れにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときには中古車を購入したいと思うお客さんがいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんだなと思いました。素敵な日本で、今後も良質な中古車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.