車 買い替え サイクル|たまに使っていた

長いこと使ったクルマを手放さないといけない時があります。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。出張査定でも無料でした。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ですが私には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、2社に依頼し、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると本社の許可がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 買い替え サイクル|車を売却する時は

珍しいクルマを売りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。思った以上で高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車が高値で売却できるとあったのです。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外では大切に扱われます。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったこともその理由のようです。私が思うに、日本の中古車は世界一と思っています。

買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、この車も外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした気持ちになります。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。車を売却する時は、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかすると海外かもしれず、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。平和な日本では、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.