車 情報 表示|相場がまったく判らないので

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。寂しい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。自動車買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料は無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ですが私のような素人には今の車の相場がまったく判らないので、2社に依頼し、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。査定結果は70万円でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、OKを出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 情報 表示|6万円低い額で売ってしまうことに

今回車買い取りをしてもらった車は昨年末に中古で買ったクルマです。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していましたが、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。

ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。家の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。これを計算すると、半年で50万円も失ったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に無料査定を依頼しました。ここでの査定結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことができました。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。

しかし44万円のマイナスには違いはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円低い額で売ってしまうことになっていたかもしれないのですからまだ助かったと言えます。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような考えではなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売却するつもりならば、ハナから言っておくべきだと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.