車 情報 月開催|洗車も一応しましたが

前に乗っていた車は、ボンネット部分が白い感じがしました。ボディの色は暗めの色でしたが、白い部分が妙に目だちやけにボロ車に見えてしまうのです。洗車も一応しましたが査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが査定価格に響いてしまうそうです。

カーショップのようなところに行ってボンネットの色を戻せるものはないかなと探していたら、ボディの艶を出すような商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、驚くほどキレイになりました。それを見た人から買い替えたのかと言われました。再び買い取りのための査定に出したところ、前回よりも査定額がアップしました。古めの車なのでどう出るかと思いましたが、思ったよりも高く評価が出てよかったです。気になっていた部分も問題なかった様子でした。白っぽかったあの部分も基の色に近づけることができ、これまでよりもそれ以上に艶やかな感じにすることができたのが嬉しかったです。クルマを売る前には、できるだけボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディの輝きが気になるときは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額が上がるかもしれません。査定金額のアップとピカピカにするための手間などを計算してみて、損しないと思ったらきれいにするのも良いでしょう。私は1000円の投資で、査定額は数万円アップしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 情報 月開催|出張査定の時間は

新型の発売に合わせて、旧型になるマイカーを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取ってもらう予定でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になっていました。今まで買い取り業者とかは利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用して見たところ、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りは依頼しないことが決定し、専門の買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

実際車買い取りサイトなどで比較してみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。複数の業者で査定を受けましたが、30万から76万まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると複数の業者に出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際のクルマをみてもらうことで、実際に買い取ってもらえる額が判るからです。ネット上で判る査定額は、参考にはなりますが決定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。出張査定の時間は1時間くらいと言われていたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらいました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを追い抜いて、一番高い金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を超えない金額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいることを伝えると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.