車 情報 後継|それでも44万円目減りしたことには

売却した車は昨年末に中古で買ったクルマです。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そのため中古で良質な車を探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、立て続けにトラブルが発生し、わずか半年で手放したくなりました。近くにある車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。

このクルマを私は6カ月前に70万円で購入しました。単純計算では、約50万円を半年で財産が目減りしたことになります。これでは納得できないので、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り専門店に査定の依頼をしました。その結果、26万となりましたので買い取ってもらえました。複数業者の査定では6万円の差になったみたいです。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、2社で査定しなかったら、それ以上に安く売却することになっていたかもしれないのですから助かりました。

そのまま持って行ってもらうつもりでありましたが、査定だけと思われていたようで、車をもっていくような段取りはされていませんでした。そのため、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もしもホントに買い取りをしてもらうつもりなら、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。今度利用する場合には、そういったことにも気を付けようと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 情報 後継|翌日に違う会社の方が査定に来ましたが

長い年月使用した車を手放す日はいつか来ます。愛おしい気持ちになり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

新車で購入しましたので、最初の車検を通してから1年経過、つまり4年経過ですね。走行距離はだいたい40000キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。でも素人には乗っている車の相場というのが判らないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望額は80万ですから、それをスタッフさんに伝えると会社の承認がいるので帰ってから返事をするとのことです。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。昨日の査定が70万円だった事、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、喜んでOK出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.