車 情報 メーカー|売却した時どこでも同じだろうと地元で

私の住んでいる地域はかなりの田舎で、車を買い取るだけをしている業者さんはいません。買い取りをしているのは、ディーラーさんかガソリンスタンドだけです。

5年くらい乗っていた車を売却した時、どこでも同じだろうと地元で査定見積もりしてもらいました。しかし、大事に乗ってきた車なのに約30万という査定額に悲しくなりました。

そんなわけで、ネットで見つけた査定サイトで試しに査定してもらうことにしたところ、予想以上の金額で売ることができました。一括査定依頼で査定を出張でしてもらうことになったのが、何れもネットやテレビCMで名前をよく聞く買い取り専門業者です。そうそう休めないので、時間差をつけて見積もりしてもらいました。

午後からの業者さんは活気のある方で、この車のこのカラーを探している人が多くいるそうですぐ買い取りたいとアピールしてくれました。査定の結果は40万円と10万程度のアップでしたから、その業者さんに引き取ってもらおうと決めたのです。その方はとても段取りが良く、もう一人もやってきていたのでそのまま持って行ってもらいました。遠くから来てもらってもと思っていましたが、地元で手続きするよりも手間がかかりません。メリットとしては、めんどくさいと思う手続きもみんなやってもらうことができ、比較して10万アップになったし、ネットで査定を依頼してホント良かったです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 情報 メーカー|ボディの色は暗めの色でしたが

以前乗っていた車は、ボンネットの目立つ部分が白くなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、白い部分が妙に目だちオンボロ車のように見えていました。洗車も一応しましたが査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが見積もり査定額に響いてしまうそうです。カー用品があるお店に行ってボディの色を戻す方法はないか見ていたら、ボディに艶が出るようなアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、驚くほどキレイになりました。母親からいくらかかったと言われるくらいの仕上がりでした。

もう一回無料査定を受けたところ、前回よりはるかに高額になりました。年式の古いクルマだったのでどうなるのか不安でしたが、希望よりも高く評価が出てよかったです。ボディの色なども何ら指摘される事はありませんでした。白くなりかけていたところも基の色に近づけることができ、それまでよりも綺麗にすることが出来ました。

クルマを売る前には、できるだけボディをきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスを使って綺麗にするだけでも相場以上の査定になるかもしれません。査定額のアップと輝きを出すためのグッズ代と手間を比較してみて、オトクになるようであればキレイにするのもありですね。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額が数万変わるんですからね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.