車 情報 ブログ|さらに6万以上安く

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を近くで探しましたが見つからず、自宅から少し離れた町の中古車販売のお店にありました。しかし、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、半年少々で手放したくなりました。まずは近隣の車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、6カ月で50万円も消化してしまったことになります。これでは納得できないので、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらいました。査定の結果としては、26万円となり引き取ってもらうことになりました。比較した査定をすることで6万の差が生まれるようです。

しかし44万円のマイナスには違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万以上安く売却するはめになっていたかもしれないのですから助けられたとも言えます。

この状態で持っていくつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。もしもホントに売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと思い直しています。次に利用する時は、その点にも注意したいと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 情報 ブログ|そこでもう一度査定に出したところ

前に乗っていた車は、ボンネットがなぜか白っぽくなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白さが目立ってボロボロの中古車に見えてしまいます。一応洗っては見ましたが査定してもらいに行ったところ、やはりボンネットのあの部分が査定金額に影響があるようです。

ならばとカーショップに行ってボンネットの色を戻せないか考えていたところ、ボディの艶を出すようなアイテムを見つけました。早速それを気になる部分に塗った所、ボディはとてもきれいになりました。母親から新車にしたのかと言われた程です。

そこでもう一度査定に出したところ、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、考えていたよりも高く評価が出てよかったです。無論色についても何か言われることもありませんでした。白く感じたボンネットも前の色に戻すこともできたし、それまでよりもより一層ピカピカにすることが出来たから良かったのかなと思います。

自動車の買い取りを利用する前には、できるだけボディを綺麗にしておく事をお勧めします。ボディの輝きが気になるときは、ワックスで磨いておくだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定額がアップすることと艶を出すためのグッズ代と手間を良く比較してみて、得な気がしたらやってみるのもアリです。千円くらいの出費があっても、数万円の差が出るならいいですよね。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.