車 情報 グーネット|なぜか白っぽくなっていました

前に乗っていた車は、ボンネットがなぜか白っぽくなっていました。ボディの色は暗めの色でしたが、その白さが目立って安っぽい感じの車に見えていました。洗車も一応しましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が査定価格に影響を与えるという事を聞きました。

ショップに行ってボンネットの色を戻せないか考えていたところ、ボディの艶を出すようなアイテムを見つけました。さっそく気になるところをやってみたところ、とてもピカピカになったのです。それを見た人から新しく車を買ったのかと聞かれたほどです。

再度車買い取りの為の査定を受けた所、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどうなるのかと思っていましたが、希望よりも高く見てもらえたので嬉しかったです。無論色についても何か言われることもありませんでした。白く感じたボンネットも基の色に近づけることができ、今まで以上にピカピカにすることができたのが何よりよかったです。

クルマの査定を受ける前には、できるだけボディを綺麗にしておきたいですね。またボディが白くなっている時等は、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定見積もり額にも影響あると思います。査定価格の上昇と艶出しの為の手間などを比較してみて、得な気がしたらやってみるのもアリです。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額が数万変わるんですからね。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 情報 グーネット|台数をへらしてコストを減らそうというのが

今まで使わせてもらった車を手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、買い替えせずに台数をへらしてコストを減らそうというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが素人にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、66万円という査定額でした。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その後すぐに最初の査定をしてくれた人から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.