車 個人売買 領収書 書き方|その直後にタイミングよく

今まで使わせてもらった車を手放さないといけない時があります。寂しい気持ちになり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費節減をするというのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりを出してもらうようにしました。

新車で買ったので、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的な走行距離です。車の買い取り見積もりは2つの業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売りたいものです。ですが素人には自分の乗っていた自動車の買い取り相場が分からないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していって通信をしていたようです。結果は71万円と言われました。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 個人売買 領収書 書き方|1時間もあればとのことでしたから

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを売ろうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、買取専門店と比較すると15万円も安い金額になっていました。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差に愕然としました。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、車買い取り業者に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで比べてみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、32万~76万まで金額に上下が大きかったです。最初は76万の業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトには3社程度は出張見積りを受けたほうが良いと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に観てもらうことて、実際に買い取ってもらえる額が判るからですね。サイトでの評価額は判りますが、参考的なものであり詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、お出でいただいたのです。

出張査定の時間は1時間もあればとのことでしたから、土日に集中的に査定をお願いしました。査定見積もりの結果、ネット査定額2位の業者が1位の業者を追い抜き、最高金額を出してきました。ネットでは70万を超えない査定金額だったのですが、それ以上の業者が存在することを知らせると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.