車 個人売買 証明書|クルマ買い取り専門店に

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、お財布の都合で新車は無理でした。そこで良さげな中古を近くで探しましたが見つからず、遠方にある知り合いの中古車販売のお店にありました。しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売却することにしました。近くにあるクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、よく頑張っても20万円にしかならないというのです。

私はこの車を半年前に70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で資産が減ったことになります。これは満足いくわけもないので、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。わずか2社の比較でしたが6万円の差になったみたいです。とはいえ40万円以上目減りしたことに違いないですし、別の業者で査定をしなければ、さらに6万以上安く売ってしまうことになっていたかもと思えば助かります。

そのまま買い取ってもらうと思っていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初から伝えておくべきだったなと後悔しています。次回があれば、そのあたりも注意したいと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 個人売買 証明書|高く売れないかや

珍しい車を買い取りに出したら、かなりの高額で買ってもらえました。相場よりもかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。ネットで調べたところ、そのページの情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、認知度が高い車や人気車種が高値で買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外では大切に扱われます。日本人特有の、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の中古車は世界一と言い切れます。今回の車買い取りを依頼したのも日本のメーカーですが、これはもしかすると海外で使って貰えるのかもと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、乗ってきた車を手放す寂しさもあるのですが、高く売れないかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。できるのなら誰が使っているのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ可愛がっていた車なのです。クルマを手離すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

平和な日本では、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.