車 個人売買 売る|より多くの査定額を提示してくれる会社に

これまで使っていた自動車を売ってしまうときが来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、乗り換えるのではなく所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もりをしてもらいました。

新車で買ったので、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。自動車買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料は無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売却したいものです。ですが素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してからパソコンを持ち出して、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。その直後に先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、OKを出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 個人売買 売る|今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう

あまり出回っていない珍車を売却したら、想像以上の価格で買い取ってくれました。考えていた以上でかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気のある車が高いものと思っていました。ネットでチェックしたところ、そこにある情報では意外でしたが、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。しかしある情報では予測通り、馴染みの深い車や人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。但しその理由は特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人が乗っていたという事で、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

今回の車買い取りを依頼したのも国産車ですが、想像すると外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。車買い取りの際は、そのクルマを失う悲しさもありますが、どんな査定がされるのかやこの車を次に乗る人を妄想する楽しさもあります。もしも可能なら誰が使っているのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ可愛がっていた車なのです。自動車を手放すときには複数の車を売りたいとする次のオーナーもいて、買いと売りがバランスよく取れているんだなと思いました。日本では、今後も自動車が求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.