車 個人売買 住民票|乗り換えるのではなく

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、よく走っているとは思いますが、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社に売却したいものです。ですが私には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てもらった会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってデータ通信しています。結果は71万円と言われました。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 個人売買 住民票|濃い色のボディの車だったのですが

これまで乗っていたクルマは、ボンネットが薄白く見えていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロボロな車に感じてしまいます。一応洗車をして査定してもらいに行ったところ、ボンネットの白さが査定金額に響いてしまうそうです。カーショップに行ってボンネットの白色を戻せないか考えていたところ、手軽に艶が出るようなグッズを見つけることができました。早速それを気になる部分に塗った所、とてもピカピカになったのです。友人には買い替えたのかと言わせるほどです。

再度買い取りしてもらうための出張査定見積もりをやったところ、前回よりも金額がアップしました。古い車だったのでどうなるのか不安でしたが、考えていたよりも高く査定してくれたのでよかったです。気にしていたあの部分も何か言われることもありませんでした。白くなってしまっていたところも周りに同化できているし、それまでよりもより一層綺麗にすることができたのが何よりよかったです。

クルマを売る前には、できるだけボディをキレイにしておくとよいでしょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどを利用して綺麗にすると相場以上の査定になるかもしれません。査定価格の上昇と輝きを出すための手間などを計算してみて、お得そうだったらきれいにするのも良いでしょう。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.