車 個人売買 リサイクル料|正解と思っていましたが

今までしたことはありませんでしたが車買い取りサイトを利用して、複数の業者で比較検討してみました。いつもは馴染みの業者にお願いしているので、高めに買ってくれていると決め付けていました。

しかし実際は査定を複数もらって理解できましたが、いつもの業者は相場程度だったんです。そこよりも高い値段で買ってくれるところはないと話していたので意外でした。これまでは相場で売れたら正解と思っていましたが、そうでもなかったことを知りました。

今回売却した愛車の相場は52万円だったのですが、比較査定をして一番高い提示額は70万円と出してくれそうです。相場で売れれば満足だと思っていましたが、相場程度であれば高くも安くもない金額のことでした。

一括査定をして最高は70万で、2番目の業者は68万円でした。次の3位は57万円と、かなりの差となりましたので、第一位と二位の業者に出張査定見積もりをお願いしました。上位の1社だけにそのまま売らなかったのは、複数の業者に競わせないと安くされそうだと思ったからです。ネットで見たサイトにも、複数の業者を呼んで比較しないとダメと書いてありました。

出張査定の時には、当初70万円を出してくれた業者が62万円まで値を下げてきたのです。傷や凹みがあるらしいのですが、8万円も変わるとは思いませんでした。でも68万と提示していたところは、そのままの提示額で良いと言われました。概算では2位だった業者が最高額を出してくれて、その業者に売却したのです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 個人売買 リサイクル料|日本人の特徴でもある

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で売れやすいと書いてありました。そのサイト以外では、売れている自動車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣も影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と信頼しています。

今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、もしかすると海外で活躍するのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを手放す悲しさもありますが、買い取り価格のことや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。叶うなら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。もしかすると海外かもしれず、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときには中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスがなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.