車 個人売買 ナンバープレート|つまり4年経過ですね

長いこと使ったクルマを手放すことになる日は必ず来ます。とても悲しい気分になり、そして次のクルマが楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。クルマの買い取り査定は2社に絞ってお願いし、来てもらって査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。でも素人には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノートパソコンを持ち出して、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると本社と交渉するので明日返事するとのことでした。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 個人売買 ナンバープレート|海外で喜ばれます

珍車を買い取り業者に出したところ、想像以上の価格で買い取って貰えました。予想していた以上に高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットを見たところ、そのページの情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人特有の、ものを大切にする習慣も関係していると思います。私は日本人ですが、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産車ですが、この車も外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想すると夢が膨らみます。もちろん海外でなくても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしかなうのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、どこにいるのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。車を渡す時にはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、欲しいと不要がバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.