車 個人売買 オートウェーブ|そんなこんなと時間が過ぎたころ

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ買い取りの見積もりをお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも高い査定会社に売りたいと思うと思います。ただ素人の私にはこの車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、ソフトに入力していって送信していました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると上司に相談するので帰ってから返事をするとのことです。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。別会社の査定額が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、なかなか難しそうな感じでバンザイされてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

車 個人売買 オートウェーブ|売れている自動車や

珍しいクルマを買い取りに出したら、想像以上の価格で買い取ってくれました。相場よりも高額査定にはビックリです。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、ある情報では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。但しその理由は海外向けとのことでした。

国産のクルマは海外で喜ばれます。日本人が使用していたからもあり、物を大事に扱うといったことも影響しているのでしょう。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと信頼しています。今回売った車も国産の車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないと考えるとドキドキした感じになりました。海外でなくても良いので使って貰っても嬉しいです。

車を売るときは、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、どんな査定がされるのかや次の運転手を思い浮かべるのも好きです。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

外国なのかもしれませんが、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、買いと売りがバランスよく上手く取れているものと思いました。日本では、これからも上質な車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.