赤ちゃん 車 買い替え|ですが私のような素人には

これまで使っていた自動車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。2台目として所有していた軽を売ることになり、今回は乗換ではなくて所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もりをしてもらいました。中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売りたいですよね。ですが私のような素人には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。最初に来た買い取り会社は、スタッフさんが車の状況を確認してからノート型のパソコンを使って、色々と入力し通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、そのようにハッキリと伝えたら本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。その直後に先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

赤ちゃん 車 買い替え|アイテムの費用とを

前に乗っていた車は、ボンネットがなぜか白っぽくなっていました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白くなっているのが影響してオンボロ車のように感じるのです。一応洗っては見ましたが査定に持って行った所、やはりボンネットの白さが査定価格に影響すると聞きました。

ショップに行ってボンネットの色を戻す事は出来ないか見ていた所、手軽に艶が出るようなグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、驚くほどキレイになりました。親父からはいくらかかったと言われた程です。

再度買い取りしてもらうための出張査定見積もりをやったところ、思いのほか高額査定となりました。年式の古いクルマだったのでどうなってしまうのかと思っていましたが、想像以上に高く評価が出てよかったです。気になっていた部分も何ら指摘される事はありませんでした。白っぽかったあの部分も周りに同化できているし、それまでよりもつややかにする事が出来たのが良かったようです。

車買い取りを利用する時は、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと相場以上の査定になるかもしれません。査定見積もり額のアップと艶出しの為のアイテムの費用とを計算してみて、お得と感じたらやってみましょう。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.