消費税 車 買い替え|確認してみたところ

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万くらい安くなっていました。

今までは下取りしか利用していませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その査定額の差にビックリしました。結局ディーラーへの下取りはしないことにして、車買い取り業者に売却しました。

クルマ買い取りのサイトで確認してみたところ、査定金額に大きな開きがありました。8社で査定を受けたのですが、30~76万まで金額がバラバラでした。当初は最高額の業者さんに売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと記載されていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、確定の査定額が判ります。ネット上でも概算額はわかりますが、目安的なものであり確定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。

査定に必要な時間は1時間位らしいので、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、ネット査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、一番高い金額を提示してきました。比較サイトでは70万未満の金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

消費税 車 買い替え|白っぽく感じた色も

これまで乗っていたクルマは、ボンネットが白い感じがしました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に見えてしまうのです。一応洗っては見ましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットの白さが査定額に影響すると聞きました。

カーショップに行ってボンネットの色を戻せるものはないかなと探していたら、手軽に艶が出るようなアイテムを見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とても綺麗になりました。友人には新車にしたのかと言われるくらいの仕上がりでした。

もう一回出張査定見積もりをやったところ、前回よりも査定額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのか不安でしたが、思いよりも高く評価が出てよかったです。気になっていた部分も問題なかった様子でした。白っぽく感じた色も基の色に近づけることができ、それまでよりもより一層ピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなど綺麗にしておかないといけませんね。ボディカラーが気になる場合は、艶出しワックスなどでメンテしておくと相場以上の査定になるかもしれません。査定価格の上昇と輝きを出すためのアイテムの費用とを比較するなどして、お得そうだったら手入れするのも良いと思いませんか。私の場合は1000円弱の出費によって、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.