売買契約書 個人売買 車|中古車販売店にあったのです

売却した車は1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を探していましたが、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で売ってしまうことになりました。試しに自宅の近くにあるクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、せいぜい20万が上限とのことです。この自動車は半年前に70万出して買いました。この状況を端的に言えば、半年で50万円も失ったことになります。これは満足いくわけもないので、以前車買い取りをしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらいました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで手放すことになったかもと思うと助かりました。

このまま買い取りしてもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日の引き取り時に輸送賃がかかってしまいました。もし本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

売買契約書 個人売買 車|日本製の車ですが

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。よく見かける車や人気の車種が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しいクルマは高く買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、みんなが知っているクルマや人気の車が高値で買い取ってもらえるそうです。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。国産のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人が乗っていたという事で、物を大切に取り扱う習慣も影響しているようです。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と言い切れます。

買い取ってもらった自動車も日本製の車ですが、想像すると海外で活躍するのかもしれないと思うと夢が膨らみます。海外でなくても良いので利用されるのであればうれしいですね。自動車を買い取ってもらうときは、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、買い取り価格のことや次の乗り手を思い浮かべるのも好きです。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、何れにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときにはクルマを売りたいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

この日本において、今後も良質な中古車が求める方々に譲られて行くでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.