個人売買 車 領収書|立会で見積もりをしてもらったほうがいいと

新型の発売に合わせて、買い替えのためにマイカーを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取ってもらう予定でしたが、想像以上に安い査定額となり、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっています。

今まで買い取り業者とかは利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差におどろきました。結局下取りはやらないことにして、買い取り専門業者に売ることにしたのです。車買い取りサイトで比較検討したところ、査定金額の差が大きいことが判りました。6つの業者で査定してもらいましたが、32万~76万まで金額にバラつきがあったのです。初めは一番高い額の買い取り業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトでは少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてあったと思います。複数社で見積もりを出してもらう理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判るからですね。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考値でしかなく確定額ではありません。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来てもらうことにしました。

査定に必要な時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。出張してもらっての査定の結果、サイトで見た査定額2位の業者が1位の業者を追い抜き、最高の査定額を出してくれました。ネットでは68万円という査定額だったのですが、5万以上高い業者があったことを伝えてみると、78万まで増額してくれたのです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 領収書|自動車を運ぶような

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。以前から外国産の車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探していましたが、少し離れたところにある中古車販売店にあったのです。

ところが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、とうとう半年で手放すことになりました。家の近くの自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万が上限とのことです。

この自動車は半年前に総額70万で買いました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で失ったことになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらいました。その結果、26万となりましたので買い取っていただきました。2社の比較ですが6万の価格差がありました。

それでも44万円減ったことには違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、それ以上に安く売却するはめになった可能性があったのですから助かったともいえます。そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような感じではありませんでした。その為、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.