個人売買 車 費用|そこで試しに下取りだったら

今使っている車を買い替える事になりました。私はクルマの買い替え時はクルマのディーラーに下取りをしてもらうしかないと思っていますが、他にも方法があるのだという事を教えてもらいました。それが車買い取りでした。

ただ初めての事だったので、取り掛かりが大変でした。ネットの画面を見ながら、進めていきました。まずは聞いたことのある一括査定のサイトを見つけだすために、このサイトを調べて、そこから査定の申し込みをしました。その結果をもとに、どの業者に来てもらうかを決めました。

今までにも兄弟がクルマを乗り換えている様子は知っているので、どれくらいの価格で下取りされていたかは判っています。私がこれまで乗っていた車の走行距離や年式車体の状態を考慮しても、実はそれほど高く買い取りすることもないと思っていたんですが、実際は違っていました。想像以上の見積もり額を提示されました。

そこで試しに下取りだったらどれほどの見積もりになるか、ディーラーに聞いてみました。その査定額は、クルマ買い取り業者の一部と変わらない額でした。でもそれ以上の査定金額で買ってくれる業者もいましたので、迷わず買い取り専門店にお願いする事にしました。

初めての経験でしたが、順に入力していくだけで、申し込みも簡単に済ませられました。高値で引き取ってもらうことができたので、車を買い替える時の出費も減ったので私としても満足できました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 費用|手放したくなりました

売却した車は少し前に中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古車販売のお店にありました。しかしその後、喜びもつかの間、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。試しに自宅の近くにある自動車買い取り業者に査定を依頼したところ、最大限頑張っても20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に70万円で購入しました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も減らしてしまったということになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に違いないですし、大手で査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ることになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く段取りはされていませんでした。そのため、後日の引き取り時に輸送代を取られてしまいました。本当に売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次に利用する時は、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.