個人売買 車 買う|2社で査定しなかったら

買い取りしてもらったクルマは昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を探していたところ、遠方にある知り合いの中古車販売店にあったのです。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで売ってしまうことになりました。まずは近隣の中古車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、せいぜい20万が上限とのことです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。これを計算すると、約50万円を半年で消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万となりましたので買い取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。

それでも44万減った事実に違いないですし、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く手放すことになっていたかもしれないのですから助かったともいえます。そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような感じではありませんでした。そのため、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売るつもりならば、最初から言っておけばよかったと反省しています。今度利用する場合には、その点にも注意したいと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 買う|日本人が使っていたという

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買い取って貰えました。思った以上でかなり高額で売れたのです。馴染みの深い車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、売れている自動車や人気車種などが高額で売れるとあったのです。それは海外輸出向けみたいですね。

国産メーカーの自動車は海外で喜ばれます。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本の中古車は世界一と信頼しています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、もしかして海外で使って貰えるのかもしれないと考えるとドキドキした気持ちになります。それが国内であっても利用されるのであればうれしいですね。

車買い取りの際は、乗り慣れたマイカーを手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや新たな乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売った後も考えるのです。

外国なのかもしれませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.