個人売買 車 誓約書|走行距離は50,000キロ弱

長年使用した自動車を売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、買い替えせずに車の台数を減らすことでコストダウンを図るのが目的ともいえますので、中古車買い取りを専門としている業者に査定をしてもらいました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいものです。ですが素人には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、2社に依頼し、それぞれに買い取り額を出してもらい比べてみることにしました。

先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してから持ってきたパソコンで、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと帰られてしまいました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万なら出せますと連絡がありましたので、OKを出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 誓約書|日本の車は世界一と

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取ってくれました。相場よりも高額査定にはビックリです。売れているクルマや人気の車が高値と思っていたのです。ネットで調べたところ、そこにある情報ではその通りで、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれるとありました。これ以外のサイトには、よく見かけるような車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。それは特に海外においてという話でした。

今日本の車は海外で高い需要があるようです。日本人が使っていたという、丁寧に乗っているだろうということもその理由のようです。日本人の私は、日本の車は世界一と思っています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産車ですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を妄想する楽しさもあります。もしかなうのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っているのか、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。

どこにあるのかわかりませんが、そこがどこであれ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいとする次のオーナーもいて、売りたい人と買いたい人のバランスがなっているのでしょう。

この日本において、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。買い取りを通じて、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.