個人売買 車 自賠責|比較してみようと思いました

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えてコストを減らそうというのが目標だったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車扱いにはなるはずも無く、多いわけでもありません。買い取り査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいものです。ですが私のような素人には今の車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

始めに来た業者は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってネット通信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。その後もう1社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと撤退されてしまいました。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してくれたスタッフさんから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、そこで決めました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 自賠責|売れている自動車や

あまり出回っていない珍車を売却したら、なぜか高額査定となり買ってもらえました。考えていた以上でかなり高額で売れたのです。よく見かける車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。他の情報では、売れている自動車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。でも条件も書いてあって特に外国においての話でした。

国産のクルマは海外では人気が高いです。日本人の特徴でもある、物を大事に扱うといったことも関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。今回売却したクルマも国産の車ですが、もしかすると外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。

車を売るときは、乗り慣れたマイカーを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手をイメージする楽しさがありますね。できるのなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

どこにあるのかわかりませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。自動車を手放すときには中古車を買いたいとするお客さんが来ていて、欲しいと不要がバランスよくなっているんだなと思いました。

豊かな日本において、これからも上質な車が必要としている人に渡っていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.