個人売買 車 瑕疵担保責任|つまり4年経過ですね

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。とても悲しい気分になり、だけども次に乗ることになる車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。たまに使っていた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて台数をへらして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、クルマの買い取り専門店に買い取りの見積もりをお願いしました。

新車で買ったので、初回の車検をやってから1年だから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間1万キロ程度なので、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。もちろん査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところにお願いしたいと思うでしょう。ですが私にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、2社に依頼し、それぞれ査定額を出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、色々と入力しデータ通信しています。査定結果は70万ちょっと。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、その旨を伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 瑕疵担保責任|国産の車ですがもしかして

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。みんなが知っている車や人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べたところ、そのページに書かれていた内容ではその通りで、珍車は高額になりやすく買い取ってくれやすいとありました。他の情報では、売れている自動車や人気の車が高値で買い取ってもらえるとありました。ただそれは特に海外においてという話でした。

国産メーカーの自動車は海外で特に高い需要があります。日本人特有の、ものを大切にする習慣も影響しているようです。私の考えも、日本の車は世界一と信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も国産の車ですが、もしかして外国に持って行くのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。もちろん国内で使ってもらえるのはいいですね。

車を売るときは、乗ってきた車を失う悲しさもありますが、どんな査定がされるのかや新たな乗り手を思い浮かべるのも好きです。もしかなうのなら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

外国なのかもしれませんが、何れにせよ大切な記憶がぶり返してきます。車を売り渡すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。平和な日本では、今後も自動車が欲しい人に譲られていくでしょう。車の買い取りの件でしたが、色々思いを巡らせてみました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.