個人売買 車 業者|売れているクルマや

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。予想していた以上にかなり高く売却できました。売れているクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで調べてみたところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍車は高額になりやすく買い取るとありました。他のページもチェックしてみると、馴染みの深い車や人気の車種が高く売れるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

国産のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、ものを大切にする習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と言い切れます。

今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、この車も外国に持って行くのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。もちろん海外でなくても活かされるのなら嬉しいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、慣れ親しんだクルマを手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを想像する楽しさがあります。叶うならどなたに譲られたのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

平和な日本では、これからもまだ使える車が求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々と楽しめたと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 業者|別の業者で査定をしなければ

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車販売のお店にありました。

その後ですが、楽しく乗れたのも少しだけで、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で買い替えを考えました。職場の近くの中古車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、よくて20万とのことです。

私はこの車を半年前に購入したとき70万円支払いました。これを計算すると、半年50万程度も資産が減ったことになります。これは満足いくわけもないので、知り合いが売却していた大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万円までアップし買い取っていただきました。2社の比較ですが6万円の差になったみたいです。

それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、別の業者で査定をしなければ、それ以上に安く売ることになった可能性があったのですから助けられたとも言えます。そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、査定だけと思われていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。ですので、後日来られる際に輸送賃がかかってしまいました。本当に売却するつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.