個人売買 車 交換|見積もりをしてもらいました

長年使用した自動車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、だいたい4年ということです。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社にお願いしたいと思うでしょう。ただ素人の私には自分の乗っていた自動車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来た買い取り会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、色々と入力しネット通信していました。査定価格は71万でした。希望していた額は80万以上でしたので、そのように伝えてみると本社の許可がいるのでチョット待ってほしいといわれました。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万円でどうですかと連絡が来たので、喜んでOK出しました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 交換|クルマを売る前には

前に乗っていたのは、ボンネット部分が白い感じがしました。濃い色の車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロボロな車に見えてしまうのです。洗車をしてから査定してもらいに伺ったところ、ボンネットのところの色が査定金額に影響すると聞きました。

カーショップのようなところに行ってボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、ボディに艶が出るような商品を見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、艶が出ていい感じになりました。隣のおじさんには買い替えたのかと言われた程です。

そこでもう一度無料査定を受けたところ、前回よりはるかに高額になりました。古いものでもありましたからどうなるのかと思っていましたが、考えていたよりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気にしていたあの部分も特に指摘もありませんでした。白っぽかったあの部分も周りの色に馴染ませられたし、今まで以上にキレイな感じにすることが出来たのが良かったようです。

クルマを売る前には、ボディを磨いておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディに白っぽさを感じたら、艶出しワックスなどでメンテしておくと査定金額に影響するかもしれません。査定額がアップすることとつややかにするためのアイテムの費用とを考えてみて、得な気がしたらやってみましょう。千円くらいの出費があっても、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.