個人売買 車 中古|査定してもらった結果

新型の発売に合わせて、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、査定額は期待していたよりも少なく、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になりそうでした。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。それにより下取りはしないことにして、専門の買い取り業者に売却しました。

クルマ買い取りのサイトで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。8社で査定を受けたのですが、30万から76万まで金額がバラバラでした。当初は最高額の業者さんに依頼する事も考えたのですが、このサイトには少なくとも2社できれば3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていたのです。

3社での見積もりが必要な理由は、実際に目視による査定を受けることで、はっきりした査定額がわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、目安的なものであり詳細額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。査定から売却手続きまでは1時間程度と言われたので、土曜か日曜にまとめて査定をお願いしました。査定してもらった結果、サイトで見た査定額2位の業者が1位の業者さんを上回り、最高金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を切った価格でしたが、5万以上高い業者があったことを伝えてみると、78万弱までアップしてくれました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 中古|売れやすいと書いてありました

珍しいクルマを売りに出したら、予想以上の高値で買ってもらえました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。認知度が高いクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。他のページもチェックしてみると、認知度が高い車や人気の車種が高く売れやすいとありました。それは国内ではなく海外に向けての話のようでした。

今日本の車は海外で高い需要があるようです。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣もその理由のようです。私は日本人ですが、日本の車は世界レベル以上と思っています。

今回の買い取り依頼した車も国産メーカーの車ですが、もしかして海外で使われるのかもと思ってみると楽しさが膨らみます。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、買い取り価格のことやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。できるのならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っていて、どこにいるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

もしかして外国かもしれませんが、いづれにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときにはクルマを売りたいと思うお客さんがいて、売りと買いのバランスが取れているんだなと思いました。

豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/23 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.