個人売買 車 サイト|この車は新車で購入し

今まで使わせてもらった車を手放す時というのはいずれきます。愛おしい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えて経費を抑えておこうというのが目的でしたから、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

この車は新車で購入し、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、年1万キロペースなので、よく走っているとは思いますが、普通の走行距離だと思います。自動車買い取り査定は2業者にお願いし、出張査定してもらいました。もちろん査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ですが素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比べてみることにしました。

最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、色々と入力し送信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、そのように伝えてみると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいとバンザイされてしまいました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、そこで決めました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 サイト|車買い取りを利用する時は

前に乗っていた車は、ボンネット部分が薄白く見えていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白い部分が際立ってしまいやけにボロ車に感じるのです。洗車も一応しましたが査定してもらいに行ったところ、ボンネットの白さが買い取り査定額に影響があると言われました。カーショップに行って何とかボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、簡単に艶を出す事が出来る商品がありました。気になっていたあの部分に塗ったところ、とてもピカピカになったのです。それを見た人から新しく車を買ったのかと言わせるほどです。

再び買い取りのための査定をしてもらったところ、前回よりはるかに高額になりました。古い車だったのでどうなるのか不安でしたが、思ったよりも高く評価されたので良かったです。ボディの色なども特に指摘もありませんでした。白っぽかったあの部分も元々の色に戻す事が出来、より一層ピカピカにすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを利用する時は、車を掃除するなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの輝きが気になるときは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定見積もり額のアップとつややかにするための手間とアイテムの費用とを比較してみて、損しないと思ったらやってみましょう。今回は1,000円くらいの出費で、数万円の査定アップになりました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.