個人売買 車 カンタン|それは特に海外においてという話でした

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。予想していた以上にかなり高く売却できました。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べたところ、そのページの情報では意外でしたが、珍しい車などは高額が付きやすく買い取ってくれやすいとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは特に海外においてという話でした。日本の自動車は海外では人気が高いです。日本人が使っていたという、大切に扱う習慣も関係していると思います。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界レベル以上と言い切れます。

今回の車買い取りを依頼したのも日本製の車ですが、これはもしかすると海外で活躍するのかもと思ってみるとドキドキした気持ちになります。もちろんそれが国内で活かされるのなら嬉しいですね。車を売却する時は、乗ってきた車を手放さないといけない寂しさもありますが、高値の買い取りや新たな乗り手を想像する楽しさがあります。叶うなら誰が使っているのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

海外か国内かもわかりませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。車を売り渡すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、買いと売りがバランスよくなっているのでしょう。この日本において、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。買い取りを通じて、色々と楽しかった出来事です。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 カンタン|そのようにハッキリと伝えたら

長年使用した自動車を手放すことになる日は必ず来ます。なんだか切ない気分にもなり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーだった軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的ともいえますので、中古車買い取り店にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。このような査定料は無料でした。誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ですが私には乗っている車の買い取り相場が分からないので、2社にお願いすることにし、見積もりを出してもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、査定担当者が自動車を見てからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信しています。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、69万円が上限と言われました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、喜んでOK出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.