個人売買 車 オート|最高の査定額を提示してくれたのです

新型の登場とともに、所有している自動車を乗換のため売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になっています。

それまで下取りしか利用したことはなかったですが、初めて査定比較サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差におどろきました。それにより下取りはやらないことにして、専門の買い取り業者に売却する話となりました。

クルマ買い取りのサイトで比較検討したところ、査定金額に大きな開きがありました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。初めは一番高い額の買い取り業者に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトを参照すると少なくとも2社できれば3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていたのです。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に観てもらうことて、はっきりした査定額が判るからですね。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安的なものであり詳細は実車しだいです。早速複数の買い取り店に連絡を取り、自宅まで来てもらうことにしたのです。査定に必要な時間は1時間くらいと言われていたので、土日に集中的に査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位だった業者が1位の業者を追い抜き、最高の査定額を提示してくれたのです。ネットでは70万を超えない査定額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在することを知らせると、78万になったのです。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 オート|白っぽかったあの部分も

前に使っていた自動車は、ボンネットの一部分がなぜか白くなっていました。ボディの色は濃い目だったのですが、その白くなっているのが影響して安っぽい感じの車に見えてしまいます。洗車をしてから査定してもらいに伺ったところ、やはりボンネットの白さが査定金額に影響すると聞きました。カーショップのようなところに行ってボンネットの色を戻すような方法を探したところ、ボディに艶が出るようなグッズを見つけることができました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、とてもピカピカになったのです。友人には新車にしたのかと言われました。

再び買い取りのための査定をしてもらったところ、前回よりも査定額がアップしました。年式の古いクルマだったのでどうなるのか不安でしたが、考えていたよりも高く評価されました。勿論ボディの色に関しては特に指摘もありませんでした。白っぽかったあの部分も周りの色に馴染ませられたし、今まで以上にピカピカにすることが出来ました。

クルマの査定を受ける前には、できるだけボディを綺麗にしておかないといけませんね。ボディの艶がないときなどは、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定額のアップと艶出しの為のグッズ代と手間を考えてみて、損しないと思ったらきれいにするのも良いでしょう。1000円程度のワックスで、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.