個人売買 車 インフォ|車を持って行く段取りはされていませんでした

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そのため中古で良質な車を近くで探しましたが見つからず、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。

その後ですが、喜んで乗っていたのですが、次々とトラブルに見舞われ、とうとう半年で手放したくなりました。職場の近くの自動車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて20万が上限とのことです。

このクルマを私は6カ月前に70万出して買いました。単純に計算すると、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、友人が売っていた知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円までアップし買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。しかし44万円のマイナスには違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、さらに6万円も安く手放すことになったかもと思うと助かったともいえます。

そのまま買い取ってもらうつもりでしたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車を持って行く段取りはされていませんでした。ですので、後日来てくれた際には輸送代を取られてしまいました。もし本気で売却したいのなら、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも注意したいと思います。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 インフォ|のかもしれないと考えると

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高く売却できました。みんなが知っている車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで確認したところ、そのページの情報では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く売れやすいと書いてありました。そのサイト以外では、馴染みの深い車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは国内ではなく特に外国においての話でした。

日本の自動車は海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣も関係あるのではないでしょうか。私は日本で生まれましたが、日本のクルマは世界で一番と信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、この車も海外で活躍するのかもしれないと考えると楽しさが膨らみます。もちろん国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売るときは、慣れ親しんだクルマを失う悲しさもありますが、高く売れないかや新たな乗り手をイメージする楽しさがありますね。もしかなうのならどなたが乗ることになるのか知りたいです。そして今どこで活躍していて、どんな場所でスタンバイしているのかなど、売却した先のことも考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、どこであっても我が子の旅立ちを思う気分です。車を売り渡すときには中古車を買いたいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが取れているんでしょうね。

素敵な日本で、これからも上質な車が必要としている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/26 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.