個人売買 車 アメリカ|最初に来てもらった会社は

長年使用した自動車を手放す日はいつか来ます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみでもありという気分でしょう。セカンドカーだった軽自動車を手放す事になり、買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、初回の車検をやってから1年だから、つまり初回登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。出張査定でも無料でした。

誰だって車を買い取ってもらう時は、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいですよね。ですが素人には自分の乗っていた自動車の査定相場がわかりませんので、2社にお願いすることにし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てから持ってきたパソコンで、いろいろな項目に入力しデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、それを伝えると社長に聞いてみるので1日待ってほしいとの事です。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、当社ではかなり厳しいと帰られてしまいました。それからしばらくして最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、その業者に売ることにしました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

個人売買 車 アメリカ|どこの業者に出張を依頼するかを

これまで使用していた車を売却することになりました。私は車を買い替える時はクルマのディーラーに下取りをしてもらえばよいと思っていましたが、実際にはそれ以外の方法もあることを気が付きました。それがクルマの買い取りです。

初めてのことですから、どうしたらよいのかわかりません。ネットの画面を見ながら、手続き方法を見つけました。まずはよく見る複数の業者に申し込めるサイトを表示させてからと判ったので、このサイトを調べて、そこから査定依頼をしました。その結果をもとに、どこの業者に出張を依頼するかを家族で相談したのも覚えています。

今までにも兄弟がクルマを買い替えている姿は見ていましたので、どれくらいの交渉の後で下取りされていたかは知っていました。私がこれまで乗っていた車の走行距離や年式車体の状況や状態から、相場よりも高く買ってはもらえないと思っていたのですが、現実を知らなさ過ぎました。思っていた以上の査定金額になったのです。

もしも下取りだったらどれほどの見積もりになるか、ディーラーさんで伺ってきました。その査定額は、クルマ買い取り業者の一部と同じような査定額でした。ただそれ以上の金額でも買ってくれるという業者があったので、迷わず買い取り専門店にお願いする事にしました。初めての経験でしたが、順に入力していくだけで、申し込み手続きも進められました。高く買い取ってもらう事が出来たお陰で、次の車に買い替えるときの出費も抑えることができたので私としては大成功でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.