マイカー共済 車 買い替え|輸送代を取られてしまいました

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良さげな中古を探していたところ、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年で手放すことになりました。職場の近くの車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい20万円が相場だそうです。

私は約6ヶ月前にこの車を約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、約50万円を半年で消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらえました。地元と大手とでは6万円の差になったみたいです。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで手放すことになったかもと思うと助かったともいえます。そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような考えではなかったようです。そのため、後日取りに来てもらうため輸送代を取られてしまいました。本当に買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと反省点として挙げておきます。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

マイカー共済 車 買い替え|買い取りをしているのは

私の生活圏はかなりの田舎で、中古車の買い取り専門で行っている業者はありません。買い取りをしているのは、ディーラーさんかガソリンスタンドだけです。5年ほど乗った愛車を売却した時、どこでも同じだろうと地元で査定見積もりしてもらいました。その査定結果ですが、可愛がって乗ってきた愛車が約30万という査定額にビックリしました。

そこで、ネットで見つけた査定サイトで査定してもらったところ、思っていた以上の高額で売ることができラッキーでした。複数業者の一括査定で出張査定を依頼することになったのは、どちらもインターネットやテレビなどで見たことのある車買い取り業者でした。空き時間もそれほどないので、午前と午後に1社ずつ実車査定をしてもらったのです。後半に来たスタッフの方が活気のある方で、この車のこのカラーを探している人が多くいるそうで査定額も勉強しますと聞かされました。買い取り価格も40万円と10万円アップだったので、そのスタッフさんに売ろうとすぐに決めたのです。その業者のスタッフは買う気マンマンだったらしく、輸送できる車で来られていたようでその場で手続きをして持っていきました。遠くから来てもらうまでもないと思い込んでいましたが、地元で手続きするより明らかに手間がかかりませんでした。メリットとしては、面倒な手続きなどはほとんどやってくれるし、比較して10万アップになったし、ネットの一括査定を使ってホント良かったです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/05/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.