フランス 車 個人売買|引き取ってもらうことにしました

新型モデルの登場と同時に、所有している自動車を売ろうと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、車査定買者とくらべてみても15万円位安い見積もりになっています。

それまで下取りしか利用したことがありませんが、初めて査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。こういった現実を知った以上下取りは止めることにして、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。

車一括査定サイトで差を見てみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、30~76万まで金額がバラバラでした。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると3社程度は訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてありました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、目安でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。査定の時間は1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。査定してもらった結果、サイトで見た査定額2位だった業者が1位の査定額を抜いて、一番高い金額を提示してくれたのです。ネットでは68万円という金額でしたが、それよりも高い査定の業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

おススメはこちら!⇒かんたん車査定ガイド

フランス 車 個人売買|査定見積もりをお願いしたところ

今回売却した自動車は少し前に中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探していたところ、職場の近くにある中古車販売店にあったのです。

その後ですが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で買い替えを考えました。家の近くの車買い取りショップに査定見積もりをお願いしたところ、せいぜい相場以下の20万円らしいです。

私はこの車を半年前に約70万で購入したのです。この状況を端的に言えば、約50万円を半年で資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、友人が売っていた大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。その結果、26万でしたので買い取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

しかし44万円のマイナスには変わりはありませんが、2社で査定しなかったら、6万円損した感じで売ることになった可能性があったのですから助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、車をもっていくような準備をしていなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと反省しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/02/25 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 査定はいくら?車買取で中古車を少しでも高く売却する秘訣! All rights reserved.